本文へスキップ

長野県のお墓・墓所・墓地・墓石・石材・霊園・改葬・戒名彫り・墓石の引っ越し・墓じまい・墓石クリーニング・庭石製品買取・お位牌・お仏壇のご相談は株式会社吉祥へ

長野県内の方/フリーダイヤル0120-62-4589

長野県外の方/0268-62-4589 長野県内10店舗展開!

おすすめ墓石の地震対策real estate

お墓の地震対策とは?

墓石の地震対策というと、石材業界内では、墓石の各パーツ同士を金属製の棒で固定する「耐震棒」タイプ、揺れやすい石の下に揺れを吸収するパッドを敷く「免震」タイプの二種類に大別されるかと思います。
当社でもお客様のご要望によりオプション工事として「耐震棒」「免震」タイプの対策をすることもございますが、通常は標準工事として「耐震ボンド」を使用した地震対策をおすすめしております。

費用対効果に優れ、持続効果も永い「耐震ボンド」

吉祥おすすめの耐震ボンド!


墓石は数十年という長い期間安全にお参りできるものなければなりません。どんな耐震補強でも、時間の経過にともなう劣化(経年劣化)は避けられません。
地震対策として、心棒や免震部品を使用するケースがよく聞かれますが、どのような部品であっても、その装着に必ず接着剤を使います。実は、接着剤の品質が一番大事なのです。
飛島建設(株)・京都大学の共同研究 によると、石材専用の接着剤で墓石を接着した場合、きちんと接着すれば、30年〜50年経過してもその効果が持続し、心棒や高価な免震部品を使用しなくても、 阪神大震災クラスの地震に耐えられるそうです。吉祥は、「長い目でみた本当に意味のある地震対策とは何か?」と真剣に考え、標準で耐震ボンドを使用しています。心棒や免震部品もメンテナンスが必要です。定期的なメンテナンスの 手軽さからも、地震対策は耐震ボンドで決まり!です。

耐震ボンドはここがスゴイ!科学的根拠はこちらです。

数値解析による墓石の転倒状況



上記表は、耐震ボンドの接着の仕方による持続効果の期間を比較したものです。石同士が接する面に直径100mmのボンドで4点付けすれば、最低30年効果が持続することになります。
(全面接着なら50年でも大丈夫です。)

地震・寒さに強い!ステンレス金具工法

石と石の継ぎ目に金具を装着。石がずれるのを防ぎます。



L(エル)金具、平(ひら)金具を標準で使用。地震対策としてはもちろん、寒さの厳しい信州だから凍み対策としても効果が高いです。

実例写真1


実例写真2




資料請求・御見積・ご注文方法について

(方法1)お電話もしくはメールでご連絡ください。担当係員がご説明、お伺いいたします。
(方法2)ご自宅(または墓地)最寄りの弊社営業所へご来店ください。→各営業所
※ ご来店いただける場合には、事前にご来店日時をご予約いただけると、専門係員がお待ちしておりますので、大変スムーズに御見積・ご注文いただけます。
※ お見積りは現地確認後です。費用はかかりません。正確な御見積を心がけておりますので、ご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

 フリーダイヤル 0120-62-4589
(フリーダイヤルは、長野県内からのみ)
長野県外の方は 0268-62-4589(吉祥本社)または各営業所まで→各営業所
■ご対応時間 9時〜17時 (日曜祭日も営業)
■定休日 水曜日

メールでのお問い合わせ・・お問合せフォームをご利用ください

お問合せフォーム