和型と洋型どっちがいいの?流行りは?

投稿者: | 2017-01-18

(ご質問)

昔からよく見かける縦長の和型のお墓にしようか、横型の洋風のお墓にしようか迷っています。最近は洋型のほうが多いのですか?宗教によって違いはありますか?

(回答)

場所にもよりますが、最近では洋型のお墓を建てる方が圧倒的に増えてきているようです。現在は7割以上の方が洋型で建立されていると思います(長野県の場合)。現在は宗教によるデザインの違いは意識されなくなってきておりますが、ご心配であれば菩提寺にご相談することをおすすめします。

デザインは、地域や建立場所によって影響を受けます。例えば、市営霊園などでは洋型しか建立できないような規制がある場合もございます。すべての墓地霊園で集計すると、今や和型より洋型のほうが多く建立されていると思います。

寺墓地や共同墓地で、周囲の墓石がすべて和型のお墓が建立されているようなケースでは、その中に洋型を建立するのは少し勇気がいることであると思いますし、もしかしたらお寺さんに反対されることもあるかもしれません。周囲の墓地景観になじむようにお墓を建立することも大事と思われます。

最近は、地震の影響で、「重心の低い洋型は地震に強い」という意見を参考に、洋型をお買い求めになるお客様も増えています。和型と異なり、洋型はデザインの種類も豊富です。ご家族の中でも意見が分かれることが多いです。いろいろなデザインの中で気に入ったものをお選びいただき、そのままのデザインで建立されてもいいし、デザイン変更や石色、寸法の変更も自由にできますので、いろいろな墓地を歩いてみたり、インターネットなどで検索するなどして、ご家族でじっくり話し合われたほうがよいかと思います。

(なお、宗教によって石塔に彫刻する文字に違いがあります。例えば南無阿弥陀仏という文言は浄土宗、真宗では彫刻しますが、曹洞宗で彫刻することはない、といったことはあります。)