納骨のお手伝いをしました。

投稿者: | 2018-04-30

世間はゴールデンウイークが始まっておりますが、

今日はお客様の納骨のお手伝いをさせていただきました。

昨年の暮れ近くに建立したばかりのお客様ですが・・

 

ちょうど墓石に刻む文字などの打ち合わせでお客様宅に伺った時に

がんが転移していてもう長くないのよ、と明るく言われてしまい戸惑いましたが、

墓石の建立工事が終わってから僅かでお亡くなりになったそうです。

冬の寒い時期に納骨なんてかわいそうだから春まで待ってお墓に入れてあげようという

ご遺族様の意向で今日納骨になりました。

誰が亡くなっても悲しいものですが、

お施主様となるとひと際悲しいものですね。

いつも気持を込めて納骨のお手伝いをさせてもらってるつもりですが、

今日は特に気持を込めて務めさせていただきました。

 

この仕事をしている以上、こういうことは時々あるのですが、

こればかりは慣れませんね・・

 

おそらく(亡くなった時期から)建立された作品を直接ご覧になることはなかった

はずですが、お施主様の希望の形と石の種類を良く聞いて建立出来たので

それだけは良かったかなと思っております。

ありがとうございました。